安全に受けられるボトックス情報

数年で汗腺が萎縮する

筋肉の収縮を抑制する作用がボトックスには、あります。多汗症治療をした部分の筋肉がその為に、動かなくなってしまうのでは?と心配される方もい らっしゃいますが、注射を汗腺の適切な場所にすれば筋肉が動きにくくなってしまう、ということはありません。何故かというと、 深さが筋肉と汗腺が存在する場所は異なっているからです。
約ボトックス注射の効果は半年ですので、約2回程度の注射を1年にすれば持続させることが可能です。個人差はこれにはありますが、半年サイクルで続けることにより、汗腺が数年で萎縮する、とも言われています。

 

多汗症は脇、手のひらや、足の裏など、人によって主として症状が強く出る場所が異なります。
また多汗症とわきがは別のものですが、多汗症の方が主に臭いが強い傾向があり、共にわきがの症状も脇の下の多汗症治療をすると、軽くなることがある ようです。そしてボトックス注射が多汗症治療に広く使用される理由は、脇の下の敏感な汗腺の働きを注射をするだけで抑えて、多汗症の症状を改善することが 可能であるからです。

 

「エクリン汗腺」「アポクリン汗腺」という2種類の汗腺からわきの汗と臭いというものは出ています。そして「エクリン汗腺」の働きをボトックス注射をすることにより止め、ほとんど汗の量を0にさせるということが可能となります。
多汗症治療というものは、従来では1泊の入院や手術後の傷跡が残るというような心配がありました。しかしながら、脇の下や手のひら、足裏など多汗症が気になる部分に数箇所注射をするだけで済むので、治療時間は約15?30分程度です。
しかも傷跡も残らずに、ボトックス注射では治療を受けた当日からお風呂にも入れます。なので治療を夏になる前にすれば、快適に夏の暑い時期を過ごすことができますので、たとえば5月または6月頃に注射するのが最適でしょう。

 

どんなにお仕事や家事などで忙しい方でもボトックスでしたら気軽に受けることが出来ます。
術後のダウンタイムも必要ありませんので、すぐに日常生活に戻ることが出来るのです。